無利息借り入れも、目的に応じてうまく利用できたらいいですね

何のテレビ番組だったか忘れたけど、金融のプロが語る金融機関の賢い利用の仕方のような内容でした。

そこで元銀行員だという男性が語るには、「それぞれの金融機関で対象にしている顧客が違う。」とのこと。

都市銀行は大企業、地方銀行は中小企業、信用金庫は個人事業主が対象なんだそうです。

その元銀行員の人も、退職した後、コーヒーショップを開くのに、自分の元いた銀行ではなく、信用金庫のほうが借りやすかったそうです。

信用金庫は自分たちの信用金庫のある地域活性にも積極的なため、地元で店を開こうという人に対しても積極的に融資を行なってくれるんだとか。

で、この元銀行員の人の言うには、いずれ個人事業主になろうと思っているんだったら、信用金庫での信用実績を積み上げておくことをおすすめする、と。

事業資金1000万円が必要で、そのうち同じ500万円を借りるにしても、別のところで500万円を用意して、残り500万円を新規で借りるよりも、以前からその信用金庫で、少しずつ積み立てをして、500万円用意している人のほうが、借りやすいそうです。

だから、会社員のときに、給与振込み先を信用金庫にしておいたら、信用金庫とのつながり、付き合いができると。

別の人が、「ただ、ATMの数など利用しやすさの点では都市銀行が勝るし、一概にそうは言えないのではないか。」と反論し、その人は、「まったく都市銀行を使うなと言うわけではなく、目的に応じた使い分けが必要だ。」と述べていました。

なるほどねぇ。プロの意見は参考になるわ。

無利息借り入れなども、目的に応じてうまく利用するといいってことよね。

即日借り入れは急いだ方が良いけど、焦りは禁物です

急がないといけないものはこの世にはたくさんあります。 ゆっくりでも良い物もたくさんあります。 即日借り入れは急がないといけないですね。 即日というぐらいですから即日に借り入れがしたいですからね。 即日借り入れが出来る時間は決まっていますよ。 午後2時までに借り入れの申し込みをしないと即日に借り入れる事は出来ません。 しかし、申し込みだけではありません。 午後2時までにすれば良いのは申し込みだけですけど、その後にカードを発行しないといけません。 銀行のATMなどで借りますから専用のカードじゃないとお金を借りる事は出来ませんよ。

即日にお金を借りたいのなら急いだ方が良いですけど、あまり急ぎすぎるのも良くないですね。 急ぎ過ぎたばかりに失敗をしたというケースは多々ありますからね。 焦りは禁物ですよ。 急いだ方が良いけど、焦りは禁物というと矛盾しているようですが、大事な事ですよ。

即日借り入れは早くお金を借りたいからする事です。 でも、焦って即日借り入れをする金融会社を間違えると大変な事にもなりかねません。 即日借り入れであっても金融会社選びは慎重におこなった方が良いですね。 会社選びに失敗すると自分を助けるどころか苦しめる羽目になってしまいますからね。